読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぱしゅみなクリップ

上京したてほやほや女子大生のあれこれ。

【2016年夏・秋】これから開催される関東圏(主に東京)の美術館おすすめ特別展まとめ【美術館】

 

こんにちは。

ほぼ毎日お家と大学の行き来しかしてないぱしゅみなです。

行きたい特別展があってもなかなか全ては行くことが出来ずに気が付いたら終わってたなんてことの多いこの現状……

てかそもそも東京の美術館が多すぎて、

いつ何やるのか分からなくなってるTHE・田舎者な私。

 

というわけで。

6月以降の夏・秋に関東圏(主に東京)で行われる、興味のある美術館の特別展をまとめてみました!

(もろ自分用のためのまとめです!!笑)

 

参考になるかは分かりませんが、ぜひ見てみて下さい~

 

  

 ・6月15日~8月29日 汐留ミュージアム

ミケランジェロ展-ルネサンス建築の至宝』

ルネサンス三大巨匠の一人、ミケランジェロ

壁画の素画(下書きのようなもの)が沢山みられるらしいです。

ミケランジェロは絵よりも彫刻を好んだ人物なので、

この展覧会は彼の生きがいだった『彫刻への愛』が伝わってくるんじゃないかなって思います。

 

・6月15日~9月11日 横浜美術館

『メアリー・カサット展』

f:id:riscom:20160524232222j:plain

アメリカ生まれの女性印象派画家のメアリー・カサット。

メアリー・カサットの絵は色彩がきれい。そして愛があふれています。

ルノワールなどの印象派が好きな人は必見です!

 

・ 7月13日~10月10日 国立新美術館

『ヴィネツィア・ルネサンスの巨匠たち』 

TBS協賛なのでこれから宣伝がすごいことになりそうですね~

イタリアとの国交150周年だからこそ、こんなにイタリア推しが今年は多いんでしょうね!(カラヴァッジョ展みたいに)

ジョヴァンニ・ベッリーニなんかの普段絶対日本で見ることのできない画家の作品が大集結します!これは行くしか!

 

・7月22日~9月25日 森アーツセンターギャラリー

ルーブルNo.9~漫画、9番目の芸術~』 

ルーヴル美術館(本物ですよ!)が2003年から始めた、『マンガ』とルーヴルの展示品との融合プロジェクト。

様々な国の漫画家たちが、「ルーヴル美術館」をコンセプトにマンガを描いています。

この展示はそんな彼らが書いた漫画を通じて、ルーヴルの魅力を発見するというもの。

なんだか先駆的でかなり面白い特別展になるだろうなと思っています。

ちなみにサポーターは奈々緒さんらしいです…ルーヴルパワーすげえ。

 

・7月30日~8月24日 横浜赤レンガ倉庫一号館

ミッフィー展』

単にミッフィーLOVEなので行きたいです。

ミッフィーちゃん、60周年なんですね!!びっくり!

巡回展で期間が短いので見過ごせないですね~

 

・8月9日~10月11日 Bunkamura

ピーターラビット展』

ピーターラビットは150周年。

なんだか今年、○○周年っていう展示非常に多いですね。メモリアルな年なのかな~?

ちなみにこのサポーターは、ディーン・フジオカさんです。。

イケメンにピーターラビットとかなんかもう、最強なのかもしれない。

ピーターラビットの世界が展示で見れるのは珍しいからこれも楽しみ。

そしてこの企画展は100パーセント混雑するでしょう。  

英語で楽しむピーターラビットの世界 Book1

英語で楽しむピーターラビットの世界 Book1

 

 

ってことでおすすめ展覧会情報でした!

私はこの中のいくつ行けるかな…?全部行く気持ちでいますが。

皆さんも夏休みなんかはぜひ美術館に足を運んでみませんか?

 

以上、ぱしゅみなでした。